備後町通 びんごまちどおり

「備後町」とは備後国(現在の広島県東部)の商人を多く住まわせたことから命名されたと思われます。江戸時代は鳥問屋や木綿問屋が多く、明治に入り、呉服、洋反物、木綿太物店が商いを広げ、湖亀銀行、近江銀行、逸身銀行、川上銀行などが林立。野村證券、りそな銀行のルーツ、野村徳七商店もこの町です。