大阪俵物会所跡(The Site of Osaka Tawaramono Club)

所在地:大阪市中央区北浜2丁目2

「俵物」とは、江戸時代、干し鮑・フカヒレなど俵詰めしていたことによる呼称です。当時は中国の高級食品として需要が高く、輸出されていましたが、銅の替わりに海外貿易の決済としても使われるようになりました。
幕府は、延享元年(1744)俵物を特定の商人しか売買できないように独占集荷体制をつくり、長崎・大坂、下関に会所が設置されました。大阪俵物会所は、当初備後町にありましたが、安永6年(1777)北浜に移されました。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL